スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRサイタマノラッパー

SRサイタマノラッパーみた~!
sr1

埼玉県の田舎町を舞台に、ラッパーを目指す冴えない若者たちの奮闘を描いた青春映画。レコード屋もライブハウスもない田舎町で結成されたヒップホップグループ“SHO-GUNG”の仲間たち。彼らは地元の先輩たちの協力を得て初ライブを実現させようとするが、東京でAV女優として活躍していた同級生・千夏が戻ってきたことから、グループ内ですれ違いが生じるようになり……。監督は「JAPONICA VIRUS」の入江悠。


なんてなお話。

タマフルでたくさん取り上げられて、宇多丸師匠の2009年シネマランキングでも堂々の1位だったけど、どうも見るところまで行かなかったのですが(地元ツタヤ、ファミブにレンタル無かったというのもあるけど)、とうとう今回見ることにしました。

この作品はタイトルのとおりラッパーのお話になっていますが、私個人的に好きなアーティストの『Rhymester』という日本語ラップグループを知ってるくらいで正直ラッパーというものの生態を基本的に知らないんですよね。
なのでその程度の予備知識で鑑賞しました。

そして感想ですが

日本でのラッパー(活動初めのアーティストといいましょうか)の立ち位置がどういったものかは詳しくはわかりませんが、この作品では社会的にだめな人間のように扱われます。
まともな職に就かず仲間と集まってラップを歌ったり。

そんな彼らにもとあるコネ(?)から公の場でラップを披露するチャンスが与えられます。
地元の市からがんばってる若者の文化を取り上げようと、市のおっさん集団の中でラップを披露するシーン。
あのキツイシーンはある意味すごく良かった。本当にキツイ。
作中全編的にラップというか主人公達の活動をあまりよろしくないもの、格好良くないものに見せる演出がなされていた気がします。

そしてヒロイン(?)の千夏が地元に戻ってからはグループ内がどんどん悪い雰囲気に・・・
仕事もまともにしていない、ラップはバカにされる、そんな自分たちの現状を千夏に打ちつけられ、方向性を失っていくメンバー。

メンバーはバラバラになり、仕方なく居酒屋で働き始めるikku。
そこに交通整理の仕事を始めたTOMが仕事帰りに会社のメンバーと偶然呑みに…

気まずい雰囲気の中、どうしても夢を諦めきれないikkuがTOMを説得するためのラップを始めだす…
ここでも「なにやってんだこいつは?」みたいな感じにラップはバカにされている演出がされているんだけど、格好悪かろうがなんだろうがikkuにとってはTOMにさえ思いが届けば回りは関係ないかのようにひたすらラップを続ける・・・

正直このシーン

か な り 泣 け ま し た ! ! !

一般常識的にはありえないですが、とにかくikkuとtomは格好良かった!!

宇多さんも言ってたけど、このシーンikkuの居酒屋での接客のシーンからラップまで長回しなんですよね。
これは撮り方として凄く良い効果を上げてると思いました。

エンディング後、思い返してみても、やっぱりメンバーみんな仕方なく仕事してるよりみんなでラップしてる時が一番輝いている時でしたね。
評判どおり凄く良い作品でした!!

続いて2、3ってみるぞーう!

スポンサーサイト

テッド


映画・ゲーム砲台

マーク・ウォールバーグ扮する中年男と、Fワードを連発する過激なテディベアの交流を描いたコメディ。全米ではR指定ながらも、興行収入2億ドルを超える大ヒットを記録した。いじめられっ子の少年ジョンは、クリスマスプレゼントにもらったテディベアのテッドと本当の友だちになれるよう、神様に祈りをささげる。すると翌日テッドに魂が宿り、2人は親友になる。それから27年が過ぎ、ジョンとテッドはともに30代のおじさんになっていた。一時は「奇跡のテディベア」としてもてはやされたテッドも、幻惑キノコで逮捕されてからは堕落し、下品なジョークと女のことばかり考える日々。そんなある日、ジョンは4年間つきあっている恋人から、自分とテッドのどちらかが大事なのか選択を迫られ……。コメディアンや声優として活躍してきたセス・マクファーレンの初監督作。


一時期テレビ番組など紹介の影響で爆発的人気を得たコメディ映画。
笑って泣けるということで、映画好きから普段映画をあまり見ない人にまで注目されて、都内では予約無しでは終日見ることが出来ない状況にまでなっていた大人気作。

みた感想は、単純に面白かった!
内容的にはアメリカでは普通にある、冴えないおっさんとおっさんの友情コメディであると思う。
日本ではそんなジャンル皆無に等しいと思うんだけど、今作はおっさんをテディベアにすることによってその日本では受け入れづらいジャンルをうまく生かしていると思う。

主人公が映画好きなボンクラなところも良し。そしてメインのテディベアが非常にイイ!動き、表情が可愛いすぎる。
ジョンとテッドのやり取りを見てるだけでも面白くて、いつまでもみていたい気になってくる。

宇宙人ポールもそうだったけど、テッドは俺たちが自慢されたい「いい感じのアメリカ人」を見事に表してる。
おっさんとおっさんの友情の間に女性が介入し、次第に関係が微妙になってくる所とかもかなりポールと似た作りになっていた。

みて全然損はない作品です!
オススメです!

saw(ソウ)


映画、ゲーム砲台


今まで気になっていたけど怖くて見れなかったソウ。
勇気を出してみてみたー

老朽化した巨大なバスルームで目覚めた互いに面識のない2人の男は「6時間以内に相手を殺すか、2人とも死ぬか」というゲームを強要される。だが誰が何の目的で? 一方で、この犯人が他の被害者たちにもカミソリワイアーを張り巡らした密室、顎を砕くヘッドギアなどを用いた究極のゲームを仕掛けていたことが判明していく。サンダンス映画祭で注目された異色サスペンス。監督は本作で監督デビュー、オーストラリア出身の28歳。


全7作(だったかな)の最初の作品。
ソウは4までみましたが、やはり1が一番好きかな。
3以降はグロさばかりが目立ってきて正直キツイ・・・


というわけでソウ。
思ったより怖くなくて、7作もあるうちの最初の作品なので物語もそこまでややこしくなくて一番見やすい。
極限状態でのゲームも緊迫感があってよかった。
正直自分がこんな状況になったらと思うと身の毛もよだつ・・・ってなる。

メインの殺戮ゲーム自体はそこまで長く尺は取っておらず、警察が犯人を捜す部分などに結構な時間を割く感じで、途中海外ドラマでも始まったかという感じにはなるが、そこまでダレるわけではないのでいい。
警察の無能っプリに苛立ちは覚えるところはあるが、それも許容範囲かな。

特筆すべきはラストかな。詳しく書くとネタバレ甚だしいので詳しくは書けないけど、最後の最後まで見逃せない内容。
少々ラストの一点突破型の作品にも見えなくもなけど、やられたって感じになる。

怖いもの見たさで次が気になって次も見てしまった・・・
なかなか面白い作品でした。

ザ・レイド


狩る!映画もブログ

ジャカルタのスラム街を舞台に、警察の特殊部隊とギャングが繰り広げる壮絶な戦いを描いたインドネシア発のバイオレンスアクション。麻薬王が支配し、ギャングや殺し屋、ドラッグの売人の巣窟となっている高層ビルに、ジャカルタ警察のSWATチームが強制捜査に入る。しかし作戦の情報は筒抜けになっており、20人の隊員は無数のギャングを相手に激しい戦いを強いられ、ひとりまたひとりと命を落としていく。世界50カ国以上の軍隊で採用されている格闘術「シラット」を駆使したアクションシーンなどが話題となり、第44回シッチェス・カタロニア国際映画祭ほか世界各国の映画祭で高い評価を獲得。全米でも公開され、続編の製作やハリウッドリメイクも決定した。

何かと最近インドネシアがはやってるみたいですが、この作品もその要因のひとつみたいだ。
やってることは有名な映画「マッハ!」とにている。
これはムエタイではなく、軍隊などで採用されているシラットって格闘術らしい。

マッハ!も息を呑むアクションで魅了されたが、この作品も初めて公式サイトにて動画を見たときに、その流れるような動きに一瞬で魅了された。
そして今回本編を見たときもそのアクションに驚かされた。

間違いなく最高峰のアクション映画だと思うけど、アクション以外の部分は正直そこまで乗れなかった。
アクションが先行していて、物語の部分は殆ど触れられず、敵のキャラもそんなに魅力あるキャラとは思えなかったのでちと残念。
2012年映画秘宝のベスト映画に上がっていたけどもそこまでかなぁーって思いました。

ただ、このレベルのアクション映画ってそうそう無いのではないかと思うので、もちろんみるのをオススメします。

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

狩る!映画もブログ
「リング」シリーズを手がける中田秀夫監督が、米澤穂信のベストセラー小説を映画化した心理サスペンス。藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、北大路欣也ら豪華キャストが結集する。「暗鬼館」という館に、「時給11万2000円で実働7日間」という求人広告につられた男女10人が集まってくる。仕事内容は24時間監視されるだけというものだったが、2日目に銃殺による死者が生まれ、参加者たちは互いに疑心を抱くようになる。


ちょうど昨日の金曜ロードショーにて鑑賞~。

この手の閉鎖的な空間での殺人物は結構好きなんですよね。
なぞの犯人に徐々に殺されていき、右往左往する。
そんな非日常なところが面白いですよね。

しかしながらこの手に殺人事件ものはあまり感情移入できない。
なぜなら決まって、自分ならこうするのに、それはやらないなって思うことが多々あるから。

まず最初の殺人が起きた時点で、みんなが協力し合おうとしない。
お互いの武器を見せ合おうとしない理由も弱すぎるかと。
武器に毒薬が発見された時点で犯人もわかってないのに、飲食物に疑いを持たないのも信じられない。
死人が出たのに何も対処されない時点でこのバイトは異常で、殺人も想定内になってるはず。
死体をロボットが排除してるところを見せてるってのに夜の徘徊に恐怖感を持たない参加者もおかしい。
ぱっと思いつくだけでこんだけ。
世の中いろんな人がいるから、実際なんてわからないけど、ここまで行動原理が違うとファンタジーの世界なのかと思ってしまう。
それなら「ソウ」のが共感できる行動原理が多いかな。

それに、せっかくあった探偵役や犯人役、多数決云々のシステムが殆ど機能していないのも残念。
とイマイチな部分をたくさんあげてきたけど、個人的には結構楽しめました。
あのロボットとか結構デザイン的にも役周り的にもよかったんですが惜しかったですよね。
それと役者人は結構がんばってたかと思います。
カイジ後の藤原達也のへたれキャラっプリはかなり気に入っています。



twitter
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。