スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】リトルランボーズ

リトルランボーズ
photo:01


イギリスが舞台の作品。主人公のウィルは、教会の厳しい規律のもと、音楽やテレビ、映画などの娯楽を一切禁止されて育つ。ある日、学校一の問題児カーターと出会い、彼の家で生まれて初めて映画「ランボー」を見る。大きな衝撃を受けたウィルは、カーターと友情を育みながら、映画作りを始める。

てなお話。
これだけでもかなり面白そう。


まず、厳しい教会の規律のため、子供らしい楽しみがないウィルと、かたや学校一のイタズラ小僧カーターが映画を作るという共通の目的地のために頑張る姿が凄く良い!
そしてウィルのランボー陶酔っぷりが凄く楽しい!

2人の子供らしいイタズラや言動、動作が非常に楽しい。当人達はそれを至って真面目にやってるところも子どもらしくていい。

他にも世界観は現代ではなく、しっかり80年代の雰囲気が出ていて、その雰囲気と子ども達をみているだけで感情移入できる。

親友だったはずの2人が他の外的要因によりすれ違い、離れていってしまう。
それを繋ぎとめてくれたのが2人の映画だった…


終始感情を揺さぶられる感じが心地良かった。
そして最後のシーンで号泣!
涙なしには観れない作品。


観終わってどっかに書いてあったのが

大人になるしかなかった子どもと子どもらしさを禁じられた子ども。彼らを救ったのは、愛でも、神様でもなく、たった一本の映画だった。

まさにこの言葉に集約されていた。

オススメです!
スポンサーサイト
twitter
カテゴリ
カレンダー
10 | 2010/11 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。