スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジェルウォーズ

ユナイテッドシネマ浦和のIMAX2Dにて鑑賞。

あらすじ
「300 スリーハンドレッド」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督が描くアクションファンタジー。精神病棟に閉じ込められた少女が、現実から逃避するためにつくり出した鮮烈なバーチャル世界で、仲間たちと自由を勝ち取るための戦いに身を投じていく姿を描く。エミリー・ブラウニング、ジェナ・マローン、バネッサ・ハジェンズ、アビー・コーニッシュ、ジェイミー・チャンら若手女優が豪華出演。


まずはじめに、エンジェルウォーズ以外の話から。

IMAXすげえ!
ちょっと金額が上がる(200円程度)けれど、その分は間違いなく満足できるクオリティ。
たまに贅沢してもいいかも。


感想

個人的には良かった。
しかし他人に勧めるとなるとちょっとそんなでも無いかな。

全編通してザックスナイダー節をきめてくる作品。
キャラ設定が、オタク向けってかボンクラ向けってか、金髪セーラー服の女の子が刀や銃で敵を倒しまくる!
アクションシーンが良く、ノリの良い音楽に載せて敵を倒しまくるのは爽快。
しかしストーリーの都合というか、設定上敵は完全に悪な設定。乗り越えるためだけの障害にしかなってないため、なんだか戦闘シーンが単調。
負ける心配も感じられず、ハラハラ感はあまり無いのが残念かな。

現状を抜け出すために必要なアイテムを探し出し、集めると抜け出せるらしいんだけど、盗む方法がダンス!w
その素晴らしいらしいダンス(ダンスの披露は無し)を踊ると、見るものは全て見惚れてしまい、隙だらけになるらしい。
映画のbeckでいうところの小雪の神がかった歌声みたいなもんですな。

んで、ダンスを踊ると妄想世界に突入する。そしてそこでのミッションを達成すると、元の世界に戻りダンスも終わり、元の世界でもなぜか目的が達成されているっていう。

以降全部集まるまで繰り返し見せられるのもくど過ぎかな。

とは言えザックスナイダーの
俺の好きでいいんだよね?
ていうスタンスはなかなか好きかな。
次も期待したいな。

ではまた!
スポンサーサイト
twitter
カテゴリ
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。