スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

saw(ソウ)


映画、ゲーム砲台


今まで気になっていたけど怖くて見れなかったソウ。
勇気を出してみてみたー

老朽化した巨大なバスルームで目覚めた互いに面識のない2人の男は「6時間以内に相手を殺すか、2人とも死ぬか」というゲームを強要される。だが誰が何の目的で? 一方で、この犯人が他の被害者たちにもカミソリワイアーを張り巡らした密室、顎を砕くヘッドギアなどを用いた究極のゲームを仕掛けていたことが判明していく。サンダンス映画祭で注目された異色サスペンス。監督は本作で監督デビュー、オーストラリア出身の28歳。


全7作(だったかな)の最初の作品。
ソウは4までみましたが、やはり1が一番好きかな。
3以降はグロさばかりが目立ってきて正直キツイ・・・


というわけでソウ。
思ったより怖くなくて、7作もあるうちの最初の作品なので物語もそこまでややこしくなくて一番見やすい。
極限状態でのゲームも緊迫感があってよかった。
正直自分がこんな状況になったらと思うと身の毛もよだつ・・・ってなる。

メインの殺戮ゲーム自体はそこまで長く尺は取っておらず、警察が犯人を捜す部分などに結構な時間を割く感じで、途中海外ドラマでも始まったかという感じにはなるが、そこまでダレるわけではないのでいい。
警察の無能っプリに苛立ちは覚えるところはあるが、それも許容範囲かな。

特筆すべきはラストかな。詳しく書くとネタバレ甚だしいので詳しくは書けないけど、最後の最後まで見逃せない内容。
少々ラストの一点突破型の作品にも見えなくもなけど、やられたって感じになる。

怖いもの見たさで次が気になって次も見てしまった・・・
なかなか面白い作品でした。

スポンサーサイト
twitter
カテゴリ
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。