スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日


狩る!映画もブログ

カナダ人作家のヤン・マーテルが2001年に発表し、ブッカー賞を受賞した世界的ベストセラー小説「パイの物語」を、「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」のアン・リー監督が映画化。乗っていた貨物船が遭難し、一匹のトラとともに救命ボートで漂流することになった少年パイのたどる運命を描く。1960年インド・ポンディシェリに生まれた少年パイは、父親が経営する動物園でさまざまな動物たちと触れ合いながら育つ。パイが16歳になった年、両親はカナダへの移住を決め、一家は動物たちを貨物船に乗せてインドをたつが、洋上で嵐に遭遇し貨物船が沈没。必死で救命ボートにしがみついたパイはただ一命を取りとめるが、そこには体重200キロを超すベンガルトラがいた。

みてきた!
IMAX3D推奨な中、強気で普通の2Dで鑑賞してきやした!

主人公家族が乗る船が沈没し、主人公はなんとか救命ボートに乗ることが出来たが、そのボートにはトラが・・・
ってなシチュエーション物の作品なんですが、この作品はいかに工夫して生き抜くかとか、トラとの意思疎通にカタルシスを与えるような作品ではなくて、パイ本人の精神的な成長の旅なんだと思いました。

それと恐らくCGであろうトラはやはりハリウッド映画というだろうか、なかなかいい動きをしていた気がするw
恐らく映像がすばらしいんだろうなと思えるところは2DでIMAXでもなかったのでそんなに感動は無かったです。
もし見る方はよい環境で鑑賞することをオススメします。


この作品についての哲学的な意味等々は町山さんがすばらしい解説をtwitter上でつぶやいていたので、そちらを見るべし!トゥゲッターでまとめてありました。
http://togetter.com/li/446808

個人的には映画みる前に解説を読んでも楽しめると思いました。


にしてもアカデミー最有力って言い張る作品が多すぎるきがw

⇒comment

Secret

twitter
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。